防災の日
9月1日は防災の日

9月1日は「防災の日」です。

台風高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するためとして、昭和35年に政府が制定しました。また、9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月30日~9月5日)が「防災週間」と定められています。

防災の日とされている9月1日は、大正12年9月1日に発生し、10万人以上の死者・行方不明者を出した『関東大震災』に由来しています。また、台風の接近・上陸は8月から9月にかけて多いため、この時期は防災について考えるいい機会と言えるでしょう。

「防災の日」及び「防災週間」では、全国各地で防災訓練や防災意識を高め、防災知識を普及・啓発するための行事等が行われています。この機会に自分の周囲で起こる可能性がある災害や、身の回りの危険な箇所、また避難場所や避難経路等を確認して、災害にしっかり備えましょう。

9月1日は防災の日
家族みんなで始める防災

防災とは、いわば災害に備える事です。備える事は、「物」「知識」「スキル」の大きく3つに分ける事ができます。

防災トライアングル
スキル

震災時に生き抜くため、もしくは震災にあってしまった時の被害を減らすための有効な技を憶え、備える事が必要です。震災直後72時間は、救援物資等が避難所に届かずに自力生活を強いられることがあります。

消火器 骨折の応急処置
トイレ
知識

知識や知恵を憶え、災害に備える事が大切です。

水圧
地震

台風
物

日常でも、災害時でも、生活の心強い味方になる、「防災グッズ」を備えておきましょう。

防災リュック 防災リュックカテゴリーページ 防災リュックカテゴリーページ



その他、家庭で用意できる多機能防災用品

  

・新聞紙
丸めて骨折の応急手当の添木に。折り紙のように使い、簡易スリッパやお皿に。

  

・ポリ袋
おおきなポリ袋で雨をしのぐポンチョに。水を運ぶ際に、汚れたバケツに被せ、水を入れる容器に。

  

・ラップ
水の節約のために食器カバーに。巻いて防寒着や傷の応急処置として。

ちょっとずつ防災

防災というとついつい構えてしまいがちですが、毎日の生活の中で、少しずつ、気軽に防災を取り入れていく方法があります。

普段からできる防災
大切な人との情報共有

災害時、大切な人と離れた場所にいると不安ですよね。                   
そんな時のために大切な人皆さんで安否確認の手段を共有しておきましょう。                   
                  
①電話番号の共有                   
普段アドレス帳を使っている方などは意外と電話番号を覚えていません。                   
大事な人の番号は安否確認をする時にも必要なので携帯電話の電源が切れた時のために紙にメモしておきましょう。                   
                  
②NTT災害用伝言ダイヤル、伝言板                   
代表的なNTTの災害用伝言ダイヤルです。
災害用伝言ダイヤル「171」
災害用伝言板web「171」                   
この機会に災害用の伝言ダイヤル、伝言板の使い方を共有しましょう。                   
                  
防災週間の期間は体験利用可能です!                   
ぜひこの期間に家族で体験利用してみましょう。                   
                  
体験利用日                   
毎月1日及び15日 00:00~24:00                   
正月三が日(1月00:00~1月3日24:00)                   
防災週間(8月30日~9月5日17:00)                   
防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)
                  
                  
◆伝言保存期間                   
伝言保存期間は体験利用期間のみ。                   
伝言板の通信量は発生します。通話料については各通信事業者にお問い合わせ下さい。                   
                  
                  
③SNSの活用                   
東日本大震災ではSNSを活用した安否確認、連絡が有効でした。                   
電話だけでなく、さまざまな方法を準備し共有しておくことが大切です。                   
                  
                  
参考:NTT西日本