いらっしゃいませ ゲストさん

トップページ > 健康飲料

トップページ > 健康飲料 > 健康茶



血圧のお茶/血糖値のお茶 2種セット
血圧のお茶/血糖値のお茶 2種セット
血圧のお茶/血糖値のお茶 2種セット

佐藤園 トクホのお茶 2種類セット【血圧・血糖値】
血圧のお茶/血糖値のお茶 2種セット

  • 送料無料

商品番号 SET-H-00608-2

メーカー名 佐藤園
内容量 緑の抑茶、力茶 各1箱
送料:無料 送料についてはこちら
合計4,320円以上お買い上げで送料と代引き手数料無料!
会員登録
(※未会員の方でもご購入頂けます)

定価6,132円
販売価格5,184円(税込)

[48ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


スタッフのコメント
銘茶の産地、静岡市『本山地区』の製茶メーカー佐藤園の製造です。
本山地区は、古くは徳川家康公への献上茶として、現代では日本で最も権威のある緑茶コンテストで、 日本一の茶産地として選ばれた、香り高いお茶の生産地です。
こんな方にオススメ
血圧が高めの方に 始める目安:血圧 最高/130mmHg以上 最低/85mmHg以上
血糖値が高めの方に 始める目安:血糖値/110mg/dl以上
商品詳細
佐藤園のお茶トクホ


日本人の40〜74歳の人のうち、男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われています。
数値が正常域でも、血圧が高めの方は規則正しい生活を送ったり、塩分を控えるなどして生活習慣を改善しつつ、 手軽に血圧管理ができる「緑の抑茶」で早めのケアを!

・消費者庁許可 特定保健用食品
・携帯便利なスティックタイプでいつでもどこでも簡単ケア
・カボチャのGABAで血圧の上昇を穏やかに
・水にもお湯にもサッと溶ける粉末タイプ

●召し上がり方
1日1包を約100mlのお湯または水に溶かしてお飲みください。
1日のうち『お好きな時間』にお飲みいただけますが、飲み忘れがない様、時間を決めて毎日続けましょう。

●摂取する上での注意事項
本品は高血圧症の疾病を治療薬ではありませんので、 治療を受けている方は、医師などにご相談の上お飲みください。

【内容量】
分包タイプ3g×30包(約30日分)

【原材料】
デキストリン、カボチャ加工食品(デキストリン、カボチャ、γ-アミノ酪酸)、緑茶抽出物、米、緑茶、ビタミンC

【成分表】1包3gあたり
熱量11.4Kcal 
たんぱく質0.08g 
脂質0g 
炭水化物2.8g 
ナトリウム0.08〜0.32mg
(関与成分)
γ-アミノ酪酸(GABA)20mg
カフェイン12.6mg

【備考 】
※溶かした後はお早めにお飲みください。
※本品は高血圧症の治療薬ではありませんので、治療を受けている方は医師などにご相談の上お飲みください。




食事をとると血糖値は上昇しますが、ほどなく元に戻ります。しかし、何らかの理由で急激に上がって戻るのに時間がかかると、過剰な糖が血管に悪影響を及ぼします。
「緑の力茶」は、この食後血糖値の上昇をおだやかにするトクホのお茶。
食事とともに召し上がっていただくことで、「難消化性デキストリン」が小腸での糖分(ブドウ糖)の吸収を抑制し、食後の急激な血糖値上昇を抑えます。
食事を楽しみながら、ストレスのないケアをしていきましょう。

・消費者庁許可 特定保健用食品
・携帯便利なスティックタイプでいつでもどこでも簡単ケア
・食後の急激な血糖値上昇をおだやかにする食物繊維「難消化性デキストリン」を配合
・水にもお湯にもサッと溶ける粉末タイプ
・ お食事時にお茶として飲むだけと簡単

●召し上がり方
1包を約100mlのお湯または水に溶かし、『食事と一緒に』お召し上がりください。
毎食飲むことが大切です。食事のときにはお忘れなく。

●摂取する上での注意事項
多量に摂取することにより、疾病が治癒するものではありません。血糖値に異常を指摘された方や、
糖尿病の治療を受けておられる方は、事前に医師などに相談の上お飲みください。
摂り過ぎあるいは体質・体調によりおなかがゆるくなることがあります。

【内容量】
分包タイプ6g×30包(約10日分)

【原材料】
難消化性デキストリン、デキストリン、緑茶抽出物、米、緑茶/ビタミンC

【成分表】1包6gあたり
熱量8Kcal 
たんぱく質0.07g 
脂質0g 
炭水化物0.9g
食物繊維4.4g 
ナトリウム0.3mg
(関与成分)
難消化性デキストリン(食物繊維として) 4.4g  
カフェイン15mg


【備考 】
※溶かした後はお早めにお飲みください。
※血糖値に異常を指摘された方や、糖尿病の治療を受けておられる方は、医師などにご相談の上お飲みください。
※食物繊維を含むため、摂り過ぎあるいは体質・体調によりおなかがゆるくなることがあります。